2012年07月02日

音楽が終わった後に

佐久間正英「音楽家が音楽を諦める時」
佐藤秀峰「漫画家が漫画を諦める時。」

佐久間さんは、私にとってはPLASTICSのメンバーとしての印象が強いです。
ある人にとっては四人囃子のベース、ある人にとってはBoowyのプロデューサーでしょう。
土屋昌巳さんと並んで、アーティストの魅力を100%引き出す知恵者として、尊敬しています。

佐藤さんは、モーニングで連載していた「ブラックジャックによろしく」を読んでいたくらいでしょうか。

お二方のエントリは、エンターテインメント業界が直面している問題を、制作者の側から提起したもので、非常に興味深いです。

音楽業界もマンガ業界も、基本的にエンターテインメントですから、売れないと話にならないわけです。
ビジネスモデルとして成立しません。
ただ、今までは、「売上」と「アーティスティックな要素」というのが、ある程度の相関性を持っていたんだと思います。
それ故、ある程度の売り上げを上げる音楽家・マンガ家は、彼らなりの芸術性・美学・哲学を持っていて、それが商業性と矛盾しない状態だったと思います。
もちろん、芸術性があっても売れなかった音楽家・マンガ家は過去にもたくさんいたし、逆に芸術性がなくても売れた音楽・マンガも多数ありましたが、大勢を見れば、(前者はマーケットの規模からたくさん発生せざるを得ませんが)後者はそんなに多くなかったと思います。

今のような現状が生まれてしまったのは、
1)「商業性」と「芸術性」の狭間で絶えず売れ動くエンタメ業界が、「商業性」に振れ過ぎてしまった
2)作品自体から期待される収入が激減した
というのが大きな理由じゃないかと思います。
同じ問題は、映画・小説・ゲームなど、全てのエンタメが内包しているんだと思います。

特に2)は、佐久間さんも指摘されていますが、ある程度の売り上げを前提とした先行投資が非常にしにくい状況になっていて、製作費用を最小限に抑え、「当たったらラッキー」みたいな前提じゃないとやってられない状況なんでしょう。
大衆音楽なんて所詮そんなもんですが、今まではその先行投資はレコード会社が担保してくれてたんですよね。
ミスチルもスピッツも、Boowyもプリプリも、デビューからいきなり大ヒットしたわけではないですしね。
B'zですら、デビューの時は「TM Networkのサポートギタリストがなんかユニット組んだみたいよ」みたいな感じでしたし。
これらの偉大なアーティストは、デビュー時にレコード会社がお金を出し、辛抱強く育てた結果、商業的にも音楽的にも大成できたわけです。

まあいろいろありますが、結局消費者が評価するものが売れる・残るわけで、そういう意味で、我々消費者が「素晴らしい」と思うものに、それなりのお金を払う必要があると思ってます。

正直、私は今のJ-POP(ついでにK-POP)は聴く気が起りませんし、ソーシャルゲームもする気は起きません。
だってつまんないもん。
究極、私が面白いと感じるものが商業的に成功してくれて、ずっと作品を提供してくれればいいんですけど。
Perfumeとか氣志團とかBumpとか。

エンタメ業界のみなさん、大変だと思いますが、よろしくお願いします。



posted by インサック at 22:08| バンコク ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年05月09日

Perfume / Spring of life

Spring of Life (初回限定盤)(DVD付)
Spring of Life (初回限定盤)(DVD付)Perfume

ユニバーサルJ 2012-04-11
売り上げランキング : 151


Amazonで詳しく見る
by G-Tools


必殺のキラーチューン!!

ご無沙汰しております。

先日日本の一時帰国してまして、ちょうど発売したPerfumeの新曲をゲットしてきました。
もちろん「JPN」も買いました。これがまた既存曲の大胆なリアレンジと曲順で鳥肌ものの出来なんですが、まだ聴きこんでないので、そのうちエントリするかもです。

で、この「Spring of life」ですが、今までのPerfumeの楽曲の中でも最高傑作だと思います。
おれの中では、チョコレイト・ディスコとPuppy Loveが双璧だったのですが、これは超えましたね。
最高にポップで最高にラディカルという、矛盾した要素を見事に形にしてしまった傑作です!

サビがかなり気持ちいい曲なのですが、サビから入るというベタな構成から、一気に次のサビまで連れて行かれる高揚感、そして間奏のマイナー進行+「Perfume」(という曲)を彷彿させる駆け巡るパラディドル風パッセージを挟み、また高揚感バリバリのサビへとつながる展開は、リスナーを天界へ誘う天使の群れのようです。

トライアングル以降のシングルも、B面含めたいがいクオリティ高いと思っていましたし、「JPN」でそれは照明されていますが、ここに来てそれらを超えるテンション&クオリティを繰り出すTeam perfume、素晴らしい。
中田ヤスタカだけではなしえない、Perfumeの3人の声と、支えるスタッフの力が結集されて実現した奇跡です。
前も書いたかも知れませんが、Perfumeとともにヤスタカさんのスキルやモチベーションがすごく進化していて、それはまだ途上なんだと思います。
どこまで行くのか、これ以上があるのか?不安になるほどの素晴らしさです。


posted by インサック at 01:12| バンコク ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年09月25日

POTATO Live Go On

2011年9月24日にフアマークで行われた、POTATO10周年記念ライヴに行って来ました。
元々POTATOって熱心に聴いていたわけではないんですが、知り合いが誘ってくれたので。

potato1.jpg

開演前の様子。
たぶんタイでBodyslamの次に人気のバンドだけあって、けっこうな人が入ってます。
チケット代はけして安くない(1,200バーツ)んですが。

potato2.jpg

potato3.jpg

potato4.jpg

開演イエーイ。
タイのコンサートは写真・ビデオ取り放題です。

POTATOって、わりとストレートな楽曲が多くて、あまり凝ったアレンジや演奏はしないバンド、という印象があったのですが、その通りでした(笑)。
でも素直なポップロックで、好感が持てます。

最大のヒット曲は「ター・ヤン」でしょうか。好きです。

potato5.jpg

人気の秘密の一つは、ヴォーカルがイケメンなことは間違いありませんな。
マッチョなオダギリジョーという感じ。

こういうコンサートにありがちな、途中でゲストが参加する進行。
旧メンバーや、スタンプという歌手(私は知りませんでした)などが出つつ、Silly Foolsが登場。
ひっさびさに彼らの演奏を聴きました。たぶんトー君脱退以来初。

potato6.jpg

ドラムのトー。

potato7.jpg

ベースのラン。

やった曲は「バーボー」「キー・フーン」「ジジャ」でした。
POTATOの曲より盛り上がってたかも。
しかし全部トー君時代の曲やないか!
まあ新生Sillyはヒット曲と呼べるものはないので、こういう場ではしょうがないとも言えますが、ケンカ別れした(というか、「追い出した」に近い?)トー君の曲をしれっと演奏するのはどうなんでしょう?

コンサートは3時間強で終了。
アリーナで椅子なかったから疲れた。
でも面白かったです。



posted by インサック at 15:48| バンコク ☁| Comment(8) | TrackBack(0) | タイ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月11日

BUMP OF CHICKEN / FLAME VEIN

FLAME VEINFLAME VEIN
BUMP OF CHICKEN

トイズファクトリー 2004-04-28
売り上げランキング : 1427

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


中二病と嗤うことはたやすい、しかし本当にそう思う?



BUMP OF CHICKENのデビューアルバム(1999年)。
演奏やアレンジは粗削りですが、藤原君の作詞・作曲・歌唱力はユグドラシルと遜色ない、驚くべき個性&クオリティ。
デビュー時でこの才能、この人やっぱり天才ですね。

Amazonのレビューを見ると、最近のBUMPよりこのアルバムやセカンド「THE LIVING DEAD」の頃のほうが好き、という人も多いみたいですね。
なんかわかる気がします。
佐野元春ファンにとっての「Back to the street」みたいな感じでしょうか。
今の姿と比較すると未熟だけど、方向性をしっかりと指し示してしるというか。
常々、音楽家や小説家は「処女作に向かって成長する」と思っていて、いつかBUMPもスケールアップした「FLAME VEIN」を作り上げるんじゃないでしょうか。

藤原君は本当に才能あふれるアーティスト(絵を除く。ごめん。)だと思いますが、最も才気を感じるのは作詞です。
ある意味青いというか、中二病的な部分もあるのですが、言葉の選び方や情景描写力にはすごいセンスを感じるし、40過ぎのおっさんの胸にもグサグサささります。
このアルバムで言うと、「バトルクライ」の

これが僕のいるべき戦場
覚悟の価値を決める場所

というフレーズには、今のおれの境遇と相まって激しく感動しました。
おれの場合は、やっぱりかなりの覚悟を持ってタイに移住したという経緯と共鳴したわけですが、このように、いろんな人の経験と共鳴する詩をかける才能(これはポップミュージックとして非常に大事なことだと思います)を、彼は持っています。

作風的には、歌詞の前半で、曲のテーマとなる感情や衝動が起こるシチュエーションを、かなり細かく描写し、サビではその感情を見事に表したフレーズを持ってくる、という構造が多いです。
これにより、聴き手はよりリアルに感情を共有できるわけです。

まあロックという音楽自体が中二病みたいなもんだし、ロック好きっていうのは多かれ少なかれ中二なんだと思います。
でもその中に、本当に感動するものがあったりするのも事実です。

posted by インサック at 13:31| バンコク | Comment(7) | TrackBack(0) | 日本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月04日

Perfume / ねぇ

ねぇ(通常盤)
ねぇ(通常盤)Perfume

徳間ジャパンコミュニケーションズ 2010-11-10
売り上げランキング : 1041


Amazonで詳しく見る
by G-Tools


いつもながらのクオリティには頭が下がります。



日本から来た知り合いの知り合いの方に買って来てもらいました。

いつも通りのPerfumeクオリティ。
商品としてのクオリティをきっちり守りながら、音楽としての冒険心や「おっ」と思わせる仕掛けもしっかり入れて来る、この姿勢が、Perfumeがアイドルファンから音楽オタクまでを引きつけて止まない理由ではないでしょうか。

今回もすごいです。
3人の声のかわいさや流麗なメロディーを油断して聴いていると、フックにガツンとやられます。
「ねぇ」で言えばサンプリングボイスを駆使したルーディメンツっぽい間奏とか、New OrderのPerfect Kissっぽいパーカッションとか。
つうか、この曲PerfumeのPerfect Kissじゃね?
「FAKE IT」では鳴り続けるビープ音とか。
インストゥルメンタル版を聴くとさらによくわかります。

これも毎回すごいと思うのですが、インストが全く別の曲として成立しています。
ヤスタカはほんとすごい才能だし、丁寧に真面目に仕事する人だと思います。


posted by インサック at 13:17| バンコク | Comment(1) | TrackBack(0) | 日本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。