2007年08月26日

Perfume / Complete Best

Perfume~Complete Best~(DVD付)
Perfume~Complete Best~(DVD付)Perfume

徳間ジャパンコミュニケーションズ 2007-02-14
売り上げランキング : 35

おすすめ平均 star
star音楽的に今後が気になる
starポップでキュートでもう、ハチャメチャ!
starよい買い物でしたよ

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


テクノ・ハウスの最終形態かも。



テクノポップアイドルユニットのパヒュームです。
これはすごいです!!
プロフィール等はこちらをご参照ください。
一応体裁としてはアイドルグループであり、実際世間ではそういう受け取られ方をしているようですが、サウンドが尋常じゃない。
capsuleというユニットの中田ヤスタカという人が全作曲・アレンジを手がけているのですが、いわゆるハウス(=今までのJ-POPの枠組みではありえない)の音作り。
異常に音圧の大きい低音セクション、ループの多用、加工しまくりで原型をとどめてないヴォーカル、バランスがおかしい(普通ではない)ミックス、ところどころスケールアウトするリフなど、ちょっと狂気を感じるアレンジです。
具体的にはDaft Punkっぽいという印象なのですが、ダフト・パンク自体がある意味ハウスの集大成的な音であるのに加え、Perfumeの音には所謂日本のテクノポップの要素がかなり入っていて、YMO及びそのチルドレン(PSY・Sとか)のDNAもしっかり受け継いでいる音です。とにかく全曲ハイクオリティ捨て曲なし。

ということで、YMOを音楽の原体験としている人(おれのことです)にはツボに入る音であり、テクノ好きにもたまらないと思うのですが、perfume自体はアイドルなので、音楽好きが耳にする機会は少ないと思うし、聴いても「ああアイドルでしょ」という先入観から真剣に聴かないような気がして、ちょっと歯がゆいです。
しかし彼女たち、今年のサマーソニックに出場してるんですよね。
売る方も考えてるんだな〜と思います。

一方、「アイドル」という枠組みであるが故に、冒険的な音でもポップさが保たれるというメリットもありますよね。
例えば米国のアヴリル・ラヴィーンなんかもそうですが、音だけ聴くとゴリゴリのガレージだけど、美形のアヴリルが歌うと一気にメジャー感が出るというか。
特に、このハウス・テクノという音に合うヴォーカルスタイルって、結局アイドルなのかなあという気がします。
音楽のスタイル自体が匿名性が強く、音を楽曲を構成する「部品」として捉える傾向があり、ヴォーカルも変に自我を持たず、部品として機能するような感じのほうがしっくり来るというか。
perfumeのヴォーカルも、加工されまくっていて3人のうち誰が何を歌っているのか判別不能ですし。

最近NHKのキャンペーンCMに起用され、露出が高まっている人たちですが、そのCMの曲「ポリリズム」がまた有り得ないアレンジ。本当にポリリズムを導入しています。
今までアイドルの曲でこういう難解なアレンジが施された例というのはほとんどないんじゃないでしょうか。
この音がどれだけ大衆に受け入れられるのか、日本の市場において大衆音楽足りえるのか未知数ですが、YMOやNew Orderでもあれだけ売れたんだから、意外にブレイクするのかな、という気もします。


問題の最新シングル「ポリリズム」。
中盤の展開にはびっくりです。




posted by インサック at 14:14| バンコク ☀| Comment(11) | TrackBack(0) | 日本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月20日

ICE Saranyu / ICE

ice.jpg

日本デビューおめでとうございます。




「タイのハニカミ王子日本デビュー」
だそうです。
去年タイでめちゃくちゃ流行ってましたよね、ICE君。
おれも勢いで買ってしまったのですが、取り上げるタイミングを逸してました。

このICEの日本デビュー、ビジネス的に成功するのか非常に興味あります。
マネジメントは「アナコット」という会社みたいです。タイ語で「未来」という意味ですね。
やってる方はタイに住んでいた経験がおありみたいですが、どこかで会ってるかも知れません。
まあそれはいいとして、まず公式サイトがちゃんとしている。メディアにちゃんと露出しているというのは、パブリシティとして非常にうまい、というか、何でこんなにあちこちでニュースになったのか不思議です。プロの仕事ですね。

また、日本では、外国人男性アイドルがまともに売れたためしがないですよね。
アジアであれだけの大人気を誇ったF4ですら、日本での知名度はいまいち(というか、普通の人は知らない)ですし、韓流アイドルスター(東方神起とかピとか)も、メディア(というか一部の団体?これ以上言うとヤバいか?)が工作してはいるものの、一般には認知されていないですよね。
広東語ポップスの世界では「男性アイドル」というジャンルはありますが、これも今のところマニアの域を脱していないと。
洋楽のボーイズグループを除けば、今まで外国人がアイドルとして日本のエンターテインメント界で認知されたことないんじゃないでしょうか?

そういう状況の中でのICE君ですが、出世作「Kon Jai Ngai」(邦題「恋ナンジャナイ?」←このネーミングセンス、適度にベタでいいですね)は、いやらしいまでのキャッチーさで脳裏にこびりついて離れない曲ですし、ICE君のルックスはイヤミないですし、売れる要素はあると思うんですよね。

一方、タイポップスのサウンドプロデュース能力は、近年上がって来ていますが、このアルバムに関して言えばいまいちかも知れない。
そしてJ-POPで売れるためは必須のヒップホップ成分が少ない。
日本人に根強く残る東南アジア(人)蔑視の先入観を払拭できるか微妙。
という不安材料もあります。

ま、個人的にタイの男性アイドルはほとんど聴かないので、どうこう言う知見もないのですが(ってもう十分どうこう言ってますが)。




お約束のあの曲です。

posted by インサック at 22:51| バンコク ☁| Comment(14) | TrackBack(2) | タイ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月19日

Pinkan Mambo / Aku Tahu Rasanya

pinkan.jpg

そうそうこの声。



Ratuの初代ヴォーカリスト、Pinkanのソロアルバム(2006年)。
この人、素行不良(仕事に来ないとか)でRatuを解雇されたらしいんですが、2代目ヴォーカルのMulanもクビで、しかも「今後Ratuの曲歌うの禁止」みたいなことをMaiaとDaniから言われて、TVで涙の会見をしてたようです(ネシア語わからないから内容はわかりませんが)。
Ratuは好きだったけど、なんかこういうことが続くと、やっぱRatu側
(というかDani?)に問題あるのかなあ、と思っちゃいますね。Dewaも好きなので、悲しいですけど。

さて、このアルバム、作曲陣にMellydewiq、アレンジやギターにはTohpatiが参加。ほんとこの人たちよく働きますな。
まあそういう手練れが参加しているので、内容が悪いわけはなく、Ratuを彷彿とさせる粋なポップナンバーのタイトル曲から泣きのバラードまで、ポップのツボを押さえた佳曲そろいです。
ただ、Pinkanの声質と歌い方が、たぶん現在のインドネシアポップスでは主流ではない、ひょっとしたら時代遅れなのかも知れない、演歌っぽいというか情念渦巻く歌唱なんですよね。
マレー歌謡はダンドゥットだったらOKなんでしょうが、Nike Ardillaまではいかないまでも、かなり「しつこい」歌い方ですね。
しかし、Ratuの時もそうでしたし、今回もそうなんですが、今風のネシアポップスのフォーマットに乗るとなかなか趣があるんですよね。
逆に、こういう歌い方する人はあまりいないと思いますし、彼女の個性として確立されている感じがしますね。
おれはけっこう好きですよ。


Melly作詞作曲のバラード「Dirimu Dirinya」。
しかしyoutube何でもあるな。


posted by インサック at 23:50| バンコク ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | インドネシア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

They Might be Giants / The Spine

The Spine
The SpineThey Might Be Giants

Zoe 2004-07-13
売り上げランキング : 130410

おすすめ平均 star
star好きな曲は多いが、全体的に地味かな?
star不器用だけど

Amazonで詳しく見る
by G-Tools



最高傑作では。



なんだかんだで活動歴が長いアメリカのデュオ、TMBGの2004年のアルバム。
今年7月に「Else」というアルバムが出ているようですが、まだ聴いていません。
こういう、日本で一切プロモーションが行われないアーティストって追っかけるの大変ですよね。
もっとも、このブログで取り上げているアジアのミュージシャンも、日本でのプロモなんてありませんが。

で、最新アルバムを聴かずに言いますが、このアルバムは彼らの最高傑作と言っていいと思います。
元々洒落がきついユニットで、その「洒落」成分が多いと、リスナーからすると「なめてんのか」みたいな曲になってしまうことも多いグループですね。アメリカ人にはどう聴こえてるんだろう?
このアルバムは、そういう意味ではふざけ成分は少なく、わりと真面目に作ってあると思います。
とは言え、普通のミュージシャンにくらべれば相当ふざけていますが。

このグループの魅力は、どこかノスタルジックでホっとするメロディーとひねくれたアレンジ、シニカルなヴォーカルの絶妙な調和だと思うのですが、今回はその調和加減が非常にいいですね。
曲によってもふざけてたり真面目だったりの振れ幅が激しいのですが、アルバム通して聴き終わった時の印象としては「あ〜音楽聴いた〜」という満足感です。
それは、やはり彼らの音楽に対する飽くなき研究心とセンスの賜物だと思います。音楽的なネタ満載。
「They Might be Giantの音楽は素晴らしい」と言い切るにはあまりにも人を食った奴らなのですが、だからこそ素晴らしいのかも知れない。
陽気なXTC、ふざけたElvis Costello、どこまで本気かわからないTMBG、今後もこの調子で感動と「呆れ」を届けてほしいです。


アルバム1曲目「Experimental Film」。
なんかのドラマのシーンみたいですが、主題歌にでもなったんでしょうか?

posted by インサック at 22:50| バンコク ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 洋楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月14日

Panadda / #6 Mee Kah Way Lar Ngao

panatda_6.jpg

ごはん。



パナッダーの6枚目(本当は少なくとも9枚目)のアルバムが出ました(2007年)。
前作が2005年だったので、わりと順調なリリースです(タイにしては)。昔は寡作だったイメージがあるのですが。
前作でThaitaniumと競演した「No.1 lady」のような新機軸はなく、
相変わらず王道タイポップス。だがそれがいい!!

現在のタイポップスの先端を行くLydiaなんかと較べるとちょっと、いやだいぶ垢抜けないですし、純粋に歌唱力としても、ちょっと常人の域を超えているLydiaと比較すると、Panaddaは「常人の中で一番うまい人」という感じで、2007年現在だと、正直言って「旧世代タイポップスシンガー」に聴こえてしまうかも知れません。
まあ元々彼女はポップスの地平を切り拓くようなポジションではなく、粛々とうまい歌を歌う、という立ち位置でしたし、それはメークが変わった今でも変わらないんです。でもLydiaが同じことをしたら失望します。ということですね。

前作くらいから、昔に較べると癒し成分が減って、「タイ歌」化しているのですが、今回はさらにそれが進行した感じではありますが、それでも彼女の歌声は素晴らしい。
タイポップスが幕の内弁当だとすれば(強引な例えですが(笑))、ごはんのような人です。ごはんがおいしくないと、いくらおかずがおいしくても弁当としては失格なのです。


このアルバムの曲をようつべで探したのですが、みつかりませんでした。8曲目「Pid tee ter」(a love to killという映画の主題歌のようです)が最高なんだけどなあ!!
替わりに初期の名曲「Dauk Mai Nai Hua Jai」(心の中の花)をどうぞ。
現在とのルックスの違いにもご注目ください。

posted by インサック at 22:42| バンコク ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | タイ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月08日

Barbie Almalbis / Barbie Rocks the Big Dome

barbee_live.jpg

いろんな意味でフィリピン的。



おめでたにより活動中止中のバービー・アルマルビスのライヴ盤です(2007年)。
以前のエントリでのMiaさんのコメントによると、今年の3月7日にフィリピンでコンサートを行ったようですが、このCDはその時のテイクでしょうか?

Hungry Young Poets時代の名曲「Torpe」で幕を開けますが、さすがライヴ、演奏がかなりアグレッシヴなのですが、途中でRocksteddyというグループが乱入?
まあゲストなんでしょうけど、これが演奏下手なんだ。ちょっと興ざめでした。
しかしその後は素晴らしい演奏及び歌。この人ライヴでもバリバリのミュージシャンシップを発揮するタイプですね。そうだと思っていたけど。
他にもNey(6Cyclemind)やKitchie Nadalなどのゲストシンガーが登場するのですが、バービーの曲を他の人が歌うと、なんか凡庸に聴こえます。
あのたどたどしくも外さないヴォーカルスタイルがバービーの音楽のキモなのかも知れませんね。
バックはフィリピンなので下手なわけもなく、かと言ってうますぎず、スローなナンバーでもロックを感じさせるイカした音です。
バービーの楽曲群ってけっこう抑えた曲調が多く、「Rock」という言葉のイメージとは合わないような印象もあるのですが、やはり曲の骨格はロックな感じがします。

しかし今後はしばらくリリースがないというのは悲しいですね。一日も早い復帰を祈ってます。人気あるみたいだし。


音が悪いですが、ロックなバービーが歌う「Torpe」。
こちらは途中で乱入はありません。

posted by インサック at 00:02| バンコク ☁| Comment(6) | TrackBack(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。