2007年11月25日

Marsha / Let's Have Fun... Tonight

marsha_lhft.jpg

若返ってます。



Marshaのニューアルバムです(2007年)。
前作「In Love」より2年ぶり。
流行り廃りの激しいタイの芸能界で、90年代初頭から現在までコンスタントに活動しているのはすごいですね。

Marshaのアルバムは外すことが極めて少ないので、今回もジャケットがいまいち(なんかオカマっぽくないですか?)購買意欲が沸かなかったのですが、とりあえず購入してみました。
すると、これがまた非常に良いアルバムで、さすがMarsha!
ヴィジュアルはちょっと老けた感がありますが、これはスタイリングとメイクの問題と信じたいです(もう彼女も37歳ですが…)。
楽曲の方は、前作・前々作としっとり路線だったのですが、今回はダンサブルなナンバーが中心になってます。
アレンジは先鋭すぎずダサすぎず、安心して聴ける高品質。曲自体も佳曲ぞろいで、何回も聴きたくなります。
プロデュースは長年のパートナーだったBruno Brugnanoではなく、Marsha自身のセルフプロデュースとなっています。
Brunoは今回は全く関わってないみたいですね。もうタイでは音楽活動してないのでしょうか。寂しい。

そしてMarshaのヴォーカルですが、「MAYA」(1999年)以降の彼女の特徴だった、憂いを含んだ感じではなく、なんかかわいい。
ジャケットの印象とは対照的に、若返った歌声になってます。
今までってどっちかというと悲壮感漂う雰囲気もありましたが、ハッピーなニュアンスが感じられます。
Marshaのこんな歌い方は初めて聴きました。
けして器用な歌い手さんではないと思うので、根本から歌い方変えたんだろうな、と思います。

そんな感じで、ここ数年の彼女の作風と比較するとちょっと異色なアルバムかも知れませんが、安心して聴けるクオリティの高さは変わってません。
ダンスナンバーが多いということもあり、今まで「Marshaっていまいち地味だよな〜」と思っていた人にもお勧めできる充実したアルバムです。


アルバム1曲目「Ruk Young Mai Taung Karn」。
やっぱ美しい人ですね〜。

posted by インサック at 16:44| バンコク ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | タイ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年11月23日

Bodyslam / save my life

bodyslam_savemylife.jpg

見直した。



2005年の「Believe」以降Bodyslam久々のソロ名義のアルバム(2007年)。

前作はタイではえらい大ヒットして、ライヴを見に行ったり(というか連れて行ってもらったり)したのですが、当時は
「ふ〜ん最近のタイの若者はこういうのが好きなんだ〜」
くらいの印象でした。
まあ正直言って、そんなに「いい」とは思わなかったんです。
このアルバムも、あまり聴く気はなかったのですが、街で流れているのを耳にするとなんか良さげ。ということで軽い気持ちで聴いてみたのですが、

あなたこれ大傑作ですよ!!!

前作の、J-POPぽい楽曲が弱かったり、ヴォーカルがいまいちだったりしたのが嘘のように、本格的かつ冒険的なロックになっております。
1曲目「Yar pid」は性急なバックにサビが全部ファルセットという前衛的かつスピード感あふれるロックナンバー、2曲目「Aok huk」は切ないサビまで無理なく感情を高めてくれる絶妙な曲構成を持つロックバラード。
この2曲がこのアルバムを象徴しているように思いますが、以前と較べたら全てにおいて格段にレベルアップ・スケールアップしていると思います。
特に楽曲の構成力。サビに至るまでの流麗な展開は説得力あります。
こういうのって理論だけではどうもならなくて、天性のセンスに拠る部分が大きいと思うのですが、クレジットを見る限り作曲はヴォーカルのトゥーン(とプロデューサ)がやっている模様。
トゥーン君、急にチャクラが開いちゃったのでしょうか?

まあとにかく非常に良いアルバムです。
タイのCDってキーになる曲以外はけっこういい加減に作ったりする傾向があるのですが、このアルバムは捨て曲なし。本人達も会心の出来なのでは?


アルバム1曲目「Yar pid」。
これは文句なくかっこいいでしょう。

posted by インサック at 16:36| バンコク | Comment(2) | TrackBack(0) | タイ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。