2007年12月24日

Neko Jump / Chup Chup

nekojump.jpg

「かわいくなる」という意思。



日本人にも大人気?ねこじゃんぷの2ndミニアルバムです。
アルバムタイトルは「Joob Joob」とか「Jup Jup」とも表記されていますが、実際の発音に一番近いと思われるスペルにしておきました。
以上、検索用の文章でした。

デビューアルバムは未聴だったのですが、改めてRSのアイドルポップの音作りはソツないなあ、と感心しました。
RSは他にもGirly BerryFour+Modなど、女性アイドルポップスはRSの独壇場ですね。
昔がグラミーもいろいろ出してたんだけど、最近はアーティスト路線に転向したのでしょうか?またChina Dollsみたいなぶっとんだグループを輩出していただきたいものです。

で、Neko Jumpですが、もう「かわいい歌」とは、「かわいい音楽」とは、「かわいいヴィジュアル」とは、とにかく「かわいい」ということをストイックなまでに追求するその姿勢は、一見ポップスなのにマニアックな執念を感じてしまいます。ある意味マニアック。
まあ元々日本のマニアックな文化(萌え)を取り入れたものですけど、タイではこういうのどう捉えられているのかなあ。一部のマニアのものなのか、普通に「かわいい」と思われるのか。何となく後者のような気はしますけど。

その偏執的なこだわりは、音楽のクオリティよりもかわいさを取る域にまで達しています。
最後の曲で、NekoかJumpかわかりませんが、ヴォーカルをとちって笑い出しているのですが、そのまま収録しています。そっちのほうがかわいいからです!恐るべし!!
(注:Neko JumpはNekoちゃんとJumpちゃんのデュオ、ではなくNueyとJamという双子の女の子です)

他にも、「はい、はい」という掛け声、ラジオと思しき日本語のナレーションのイントロ、「いちばん、あなたの、ことをー」というたどたどしい日本語の『語り』とか、音楽的にはどっちでもいい、むしろ入れない方がいいようなギミック満載なんですよねー。
あと、日本語はタイ的にクールなイメージがあるから使っているのかと思ってましたが、ひょっとして日本人を狙っているのかな?
「いーですか?」というタイトルの曲もあるくらいだし。

でも、結果的にすごくかわいいアルバムになっていると思いますし、確固たる意思も感じられる、ある意味めっちゃ根性入った良作だと思います。

タイトル曲。
まあ間違いなくかわいいですよね。

posted by インサック at 23:45| バンコク ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | タイ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年12月13日

P2WARSHIP / Hay

p2warship.jpg

ヴォーカルがな〜。



ジャケ買いです。
6人組ポップロックバンド、P2WARSHIPのセカンドアルバム(2007年)。
CDショップではかなりプッシュされてました。
何の予備知識なく聴いてみましたが、音楽的にはなかなか独自のセンスを持っていて面白い。
タイポップスのダサい面はダサい面で持っているのですが、妙にファンキー。
そのファンキーさも、いわゆるファンクという音楽が持っている馬鹿馬鹿しさをタイ流に解釈しているというか、ワザと馬鹿馬鹿しくしているのか、本人たちは真剣なんだけど結果的に馬鹿馬鹿しくなってしまったのかよくわかりません。
でも、それが独特の味になっていると思います。
ヴォーカルの名前が「プラーグン」、直訳すると「魚えび」。
これも笑わせたいのか本名(というか本チューレン)なのか解釈に悩むところです。
ルックスも、微妙なアフロヘアにこれまた微妙なサングラスで、笑わせたいのか真剣なのかわかりません。
同じようなヴィジュアルのバンドにSYAMというのがある(あった?)のですが、こっちは音が明快かつ爽快なロックで、楽器もうまく、音的には笑わせようとはしてないわけです。
P2WARSHIPは、音的にも、笑わせたいのか単に下手なのかちょっとわからないんですよね。
なんでかな〜とよく聴いていると、どうやらヴォーカルのせいだと思えて来ました。
元々タイの男性って「いい声」の人ってあまりいないような気がします。
街中でタイ語を話しているのを聞いても、悪いけどちょっと間抜けに聞こえませんか?
さすがに歌手だとそれなりの美声だったり歌唱技術を持ってますけど、このバンドの場合ヴォーカルがかなり「平均的タイ人男性の素」に近いというか、なんか間抜けに聴こえちゃうんですよ。

なんか「いい」とも「悪い」とも形容し難い、不思議なバンドです。

posted by インサック at 00:27| バンコク ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | タイ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年12月04日

Tong / Secret

tong_secret.jpg

どこへ行くのか。



TongのRS移籍第二弾がリリースされました(2007年)。
RS一作め「Changes」はなかなかの傑作だった記憶があるんですが、聴き返してみるとそうでもありませんでした(笑)。
人間の感覚なんていい加減なものですね。

今回ですが、CDは5曲入り18分のものとメイキングVCDの2枚組み、VCDはPVとメイキング(CDとは違うもの)が入ったヴァージョンと、ヴィジュアル面を前面に押し出したプロモーション体制となっております。
まあ、彼女ってはっきり言って美人ですよね。Sevenの時から、いや2ndの時からその美少女ぶりは十二分に発揮されていたのですが、もう20代後半、大人のセクシーさが備わってきたのはジャケ写を見ても明らかでしょう。

で、音ですが、まずジャケットをご覧ください。
このCD、どんな感じの音楽だと思います?想像してください。ただしタイのCDですよ?
はい、その想像通りの音になってます。
要はタイ風R&B。リードナンバーである「Oh! My Boy」だけは。
後はけっこう普通のタイバラードだったりします。
まあ彼女、元々声質が独特で、なんでもかんでも歌いこなすような器用さはないんですよね。
今までは制作陣がそのへんのことをわかってて、Tongの声質が最大限活かせるサウンドプロダクションをしてたと思います。
今回は、それがあまり感じられず、凡庸な音になってます。
ただ、Tongの声もかなり「普通」になってて、あまり違和感は感じませんが。

でも、やっぱりグラミー時代のほうが良かったかなあ…
youtubeでもそういうコメントがありましたが。
残念なことに、グラミー時代のCDは入手困難になってます。
1stなんて、今聴くとかなーり古い音なんですが、あの頃にしか有り得なかった輝きがあることも確かです。

まあ今回みたいな路線は、彼女のヴィジュアル及びお年頃を考えるとしごくまっとうなのですが、この後どうするのかなあ。
まったりで行くのかなあ。ダンスも下手だし。



Oh! My Boy。
よくやってるとは思います。



posted by インサック at 23:47| バンコク ☀| Comment(3) | TrackBack(0) | タイ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年12月03日

Meaw Jirasak / All in One 2

meaw_allinone2.jpg

猫はポップを忘れない。



メーオ・ジラサックのジャズアルバムです(2007年)。
最近彼はジャズにご執心のようで、11月のFat Fesでも、半分弾き語り、半分ジャズトリオ編成で演奏してました。
観客の入りは今ひとつでしたが、タイの音楽界では今どういう位置づけなんでしょうか?

おれは、彼の音楽はいわゆる「Catarock
しか知らないのですが、ジャズギターもうまいですね!これはかなりジャズを聴き込んでる&弾き込んでると見た。
で、曲なんですが、これは彼の昔の曲をリアレンジしているのでしょうか?昔の曲知らないんで判断つかないんですが。

いずれにせよ、単なるジャズでは終わらないというか、趣味でやってる訳ではないというか、ちゃんと大衆音楽としても成立する下世話な部分が残っているところが素晴らしいですね。
まあ、元々ジャズ自体も大衆音楽ですから、特に矛盾するものでもないんでしょうけど。

おれ自身、ジャズは全然聴かないので詳しいことはわかりませんが、学生の時ジャズ好きの知り合いから聴かせてもらったのは、マイルス・デイヴィスとかコルトレーンのような、おれからすると非常に難解な、理論がわかって初めて理解できるような類のものが多かったような気がします。

ジラサックのジャズは、骨格はロック・ポップスな曲をジャズアレンジでやってみました、という感じです。
やっぱ昔の曲をリアレンジしてるのかな?DOObaDOOに通じるものもありますね。
DOObaDOOってまだ活動しているのでしょうか?

まあ何をやってもギターはうまいし歌も味があるし、音楽の基礎体力が高い人だなあと思います。

posted by インサック at 00:47| バンコク ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | タイ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。