2008年12月30日

2008年の10枚

2008年ももう終わりですね。
今年は例年に較べて年末ムードが薄いと感じるのはおれだけでしょうか?

さて、毎年恒例では全然ありませんが、今年エントリしたアルバムの中で、特に素晴らしいと思った10枚を発表させていただきます。
長年ポップミュージックを聞き続けてきて、「あ〜もう新しい感動に出会うことはないのかな〜」と思うこともよくあるのですが、それでもやっぱり毎年素晴らしい音楽に出会えます。
若いころは、「おっさんになったら渋くジャズなんかを聴いてんのかな〜」とか思っていたのですが、全然聴きません(笑)。
やはり三つ子の魂百まで、ずっと雑種の音楽を聴き続けるのかな、と思います。
まあ、元々大衆音楽とは、いろいろなものを飲み込み、絶えず新しく姿を変え続けて行くところがスリリングでエキサイティングですし、自分はそこに惹かれ続けるんでしょうね。
とか言ってますけど、比較的新しい音楽であるラップには未だに馴染めませんが(笑)。

ではいきます。



10位
Neko Jump / Lady Ready !


正直、今までのNeko Jumpはコンセプト先行で、音楽的にどうこう言うもんじゃないと思っていたのですが、このアルバムは良かったです!
タイポップスの良さって、屈託のない能天気さとタイ情緒あふれるバラード(いわゆる「タイ歌」)だと思うのですが、それが絶妙のバランスでうまいことパックされたアルバム。
音楽的にはある意味「浅い」のですが、このアルバムの「浅さ」はセンスいいですね。


9位
Suki / finally | akhirnya


「マーケティングによって作られる音楽」というものがあります。
既に「売れた」ものを追っかけるというか。
最近の日本だとラップ系の人たちとか、Perfumeフォロワーとか、アジカンぽいバンドとか。
その手のものって、売る側が「売れる確率が高い」という前提で作っているのに、意外と売れなかったりしますよね。
それは、聴き手からすると「最初に売れた人」、パイオニアでありオリジネイターである人をクオリティやインパクトで下回るからだと思うんですよ。
何で劣化コピーに金払わなあかんのじゃ、ってことですね。
どうせやるなら、このSukiのデビューアルバムくらいに有無を言わせないクオリティで作れっちゅうことです。
このアルバムも、全編いわゆる「流行の音」で構成されていますが、そのクオリティと血肉化が半端ではなく、誰の真似でもないけどなんか聴いたことあるいい感じに仕上がっています。
そして、メロディーもさることながら、アレンジやミックスといった制作スキルが非常に高く、「ユルくない」。
ある意味10位のNeko Jumpと対照的な名盤だと思います。


8位
Foo Fighters / Echoes, Silence, Patience & Grace


「ロックとは何か」を問い続ける求道者、それがデイヴ・グロールではないでしょうか。
音楽的な新規性はなく、基本的にデビュー時からずっと変わらない。
フーファイの新譜が出ると、「あ〜また同じような感じなんだろうな〜」と思い、あまり食指が動かないのですが、聴いてみると、思ったとおりの「同じような感じ」なのですがいつも感動します。
デイヴは、初めてロックを聴いた時の高揚感をずっと再現し続けることができています。
こんな(ジャンル的には)何の変哲もない音が、おれのようなヒネた音楽ファンにも感銘を与えるのは、デイヴのロックに対する愛や情熱の性だと思います。
もちろん、ソングライターやヴォーカリストとしてもすごい人です。
なんでNirvanaではドラムだけ叩いてたんだろう。


7位
GIGI / PEACE, LOVE'N RESPECT


GIGIというバンド、このアルバムを聴くまではあまり気にしていなかったのですが、これはすごく良かったです。
音楽的アイデアをたっぷり盛り込みつつ丁寧に作りこまれたバンドアンサンブルは、音楽の方向性は違えどThe Policeに通じるセンスを感じます。インテリジェントなロックですね。
ハスキーで男くさいけど暑苦しくはない、むしろ涼しげなアルマンのヴォーカルや、ディストーションをほとんど使わず、フュージョンのような繊細なアレンジのデワ・ブジャナのギターがそう思わせる理由でしょうか。そういった抑制のさじ加減も絶妙です。
かと言って頭でっかちにならず、ロックのダイナミズムも十二分に感じる、非常にレベルの高いアルバム。


6位
Rieka Roslan / Bercerita


このアルバムは、とにかく聴いてて気持ち良かったですね〜。
音楽のフォーマットはジャズとかボサノヴァな感じで、終始穏やかなムードなのですが、リカ・ロスランの余裕の歌声、そして彼女のヴォーカルを最大限魅力的に響かせることに焦点を合わせたアコースティックなバックトラック、癒されます。
メロディーもちゃんとフックがあり、すごく練られていると思います。
たぶんアップテンポでバンドアレンジにしてもすごくかっこいいんじゃないかな。
そういう意味で、やっぱりこのアルバムはジャズじゃなくてポップスで、だからこんなに好きなのかも知れません。


5位
Dayang / Kasih


ダヤン・ヌルファイザのアルバムは、2008年には3枚エントリしているのですが、最新アルバム「2007」よりこっちのほうが好きかな。
こちらのほうがよりマレーシアのポップスの本質に近いというか。
マレーシアのポップスは、実はインドネシアより民族音楽の影響が強く、独特の情念が核にあるような気がします。
そのむせかえるような情念をストレートに表現している音楽もあるのですが、このダヤンやシーラ・マジッドのように洗練されたジャズ・ソウル路線でラッピングすると、これがまたかっちょいいです。
このアルバムはマレーシア近代音楽の父P.ラムリーのカバーが多いのですが、シーラ・マジッドもラムリーのカバーアルバムを出していますね。
ラムリー本人の音楽も聴いたのですが、日本の戦前の歌謡曲みたいなアレンジでした。
それはそれで味わい深いのですが、やはりダヤンの適度に民族的だけど現代的なヴォーカルのほうが「しみる」感じがします。


4位
Mulan Jameela / Mulan Jameela


このアルバムは、優れた音楽家であるAhmad Dhaniのプロデューサーとしての才能が最も発揮されたアルバムではないでしょうか。
ムーランの個性的な声質と歌唱力もすごくチャーミングですが、このアルバムの素晴らしさの大部分はDhaniの功績だと思います。
個人的には布袋寅泰と通じるところがあると思うんですが、デジタルと生音の融合のセンスがいいですよね。
ノリとかグルーヴではなく、細部まで音を構築していく手腕は素晴らしい。
ボルネオに行った時も街で聴こえてきましたし、相当売れたんじゃないでしょうか?


3位
Alena / Seindah Diriku


アレナ久々のアルバムは、上品でありながらポップスの楽しさが詰まった、本当に素晴らしい作品でした。
アレナの透明感溢れるヴォーカルをいかに聴かせるかに注力し、オーセンティックかつアップトゥーデイトな音でまとめたプロデューサーPopo Fauzaのアレンジが最高です。
アレナは、たぶん何でも歌いこなせるような器用な人ではなく、だからこそ自分が勝負できる武器を研ぎ澄ませることにより、唯一無二の魅力を勝ち取ったんだと思います。
このチームの新作をこれからも聴きたいですが、ちょっと渋すぎてセールス的には厳しいかも知れんなあ…


2位Samsons / Naluri Lelaki (Special Edition)

このアルバムには、Weezerのファーストを聴いた時に似た衝撃を感じました。
屈託のないスピード感、快感原則に忠実な音、
「そうだよなあ、ロックって本来こんな感じだよな」
と改めて実感しました。
しかし、フーファイもそうですが、ロックが生まれて60年経った2008年に「ロック本来の良さ」を表現するためには、単純にロック「ぽい」音を奏でればいいわけではなく、そこには並々ならぬ才能・愛情・努力・技術が求められます。
彼らにはそれがある、少なくともこのデビューアルバムには奇跡の輝きがあると思います。
セカンドアルバムも音楽性の幅が広がって良かったですが、ファーストの初期衝動に1票。


1位
Perfume / GAME


Perfumeがいかに素晴らしいグループかというのは、このブログでも2007年夏ごろからずーっと主張してきたので、今更繰り返しませんが、このアルバムは本当にすごい。クオリティ的にも奇跡的な出来映えですが、こんな過激な内容で40万枚売れたというのがすごい。
「アイドルだから」「口パクだから」「ルックスがいまいちだから」などと言う理由で聴かず嫌いな人がいたら、本当に損してると思います。このアルバムを聴いた後では、上記のようなdisが全く意味がないことが理解できると思います。
日本の音楽史上に刻まれ、後年まで語り継がれる伝説的なアルバムになると思います。伝説が生まれる瞬間に立ち会えて光栄です。
このアルバム後に出たシングル2枚も素晴らしかったですし、来年5月の代々木ライヴの前にニューアルバムが出るとにらんでます。本当は今年中に出ると思ってたんだけど(笑)。



…ということで、インドネシア5・マレーシア2・タイ1・米国1・日本1という、インドネシアに偏向したランキングとなってしまいましたが、実際聞いてた時間とだいたい比例してると思います。
やはりインドネシアポップスはすごい。
Nancy AjramSamira Saidのアラブの歌姫たちも、今年は非常に優れた作品をリリースしたと思いますし、Adele凛として時雨なんかもインパクトありました。
Silly Foolsの新譜がいまいちだったのが残念ですね。まあ半ば予想していましたが。
Panaddaがいい意味で変わらないアルバムをリリースしてくれたのもうれしかったですし。

来年もいい音楽にめぐり合えますように、ということで、これにて今年最後のエントリとさせていただきます。
皆様良いお年を。



posted by インサック at 13:02| バンコク | Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月23日

Panadda / #7 Dok Mai...Nork Jae Kun

panatda_7.jpg

熱いっす!



堅調にアルバムをリリースするPanatdaのニューアルバム(2008年)。
彼女も97年のデビューからもう11年、立派なベテラン歌手ですね。
初期の清楚なたたずまいから、かなりセクシーなイメージになりました。でもまだ29歳。

パナッダーのディスコグラフィー(HAPPY BIRD DAY様)

歌のほうも、初期の丁寧で控えめな歌唱と比較すると、かなり芸の幅が広がった気がします。
初期の独特の透明感もすごく魅力的でしたし、今の堂々とした歌も好きです。

今回は前作前々作と同じ路線の、所謂王道タイポップスです。
タイトルにナンバリングが付き始めてから、明らかに芸風がメジャー指向に変わった気がします。
前々々作が過渡期という感じでしょうか。

今回はさらにエモーショナルになったというか、熱いヴォーカルが聴けます。
初期のころは考えられない曲調ですね。
とは言え、アルバムの曲は、王道タイポップスをベースとしながらもバラエティに富んでいて、元々卓越した歌唱力を持つパナッダーは、どの曲もしっかり歌えており、かつ自分の個性を殺すことなく、歌手としていい仕事をしています。

前のアルバム評でも書きましたが、彼女には新しい音楽の地平を切り拓くラディカルな要素は全然期待していなくて、音楽的にはコンサバなくらいの音で、しみじみしたメロディーを、よくコントロールされた絶妙な歌唱で歌ってもらえれば、それでおれは幸せです。
そういう意味でこのアルバムは満点。

ただ、同じ路線が3枚続いたので、自作あたりではもう少しコンテンポラリーな音(洋楽オリエンテッドな音)で聴きたいなあ、という気はします。
前々作収録のR&Bナンバー「No.1 lady」も、すごく良かったですし。


またしてもこのアルバム収録のPVが探せなかったのですが、
その「No.1 lady」はこちら。





posted by インサック at 18:51| バンコク | Comment(1) | TrackBack(0) | タイ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月21日

Four Mod / Go! Go!

fourmod_gogo.jpg

ラストアルバムだったりして?



恐るべきハイペースでリリースされたフォー・モッドのニューアルバム(2008年)。
前作のミニアルバムも2008年ですが、1年に2枚新作が出るというのは、タイの歌手では類を見ないことだと思います。
RSはこのところミニアルバム中心のリリースだったのですが、フルアルバムに方針変更したんでしょうか?

路線は相変わらずなのですが、ハイペースすぎてクオリティがついて行っていない感があります。
まあ、そもそもアイドルのCDに音楽的クオリティを求めること自体野暮なのかも知れませんが。
でも、一応音楽として売ってるわけだし、過去の彼女たちのCDはかなりポップスとして「聴ける」レベルだったので、こちらとしてはやはり期待してしまうわけです。
特に今回は同時期に発売されたNeko Jumpのニューアルバムが非常に良かったため、どうしても比較してしまいます。
カバーやメドレーでネタ切れを補っているようにも感じますね。

6曲め「Sha la la la la」はデンマークのグラムバンドWalkersのカバーです。
オリジナルを探してみたんですが、これがびっくりするほどダサくて爆笑してしまいました。
こちら。

7曲目はAonのカバーですね。
オリジナルはこちら。
当時(2000年くらい?)かなりヒットしてました。おれも好きな曲です。
ちなみに「Unseen」というタイ観光キャンペーンでのアコースティックバージョンはこちら
やっぱAonいいな〜。

最後の曲は彼女たちのヒット曲のメドレーです。これはこれで楽しくはありますが、やっぱ手抜きですよね。

ジャケット写真やデザイン、タイトルのいい加減さとも相まって、なーんか怠けている印象を受けてしまいます。
彼女たちも2005年デビューで、そろそろ「時間」なのかも知れませんね。タイのアイドルって活動期間そんなに長くないですからね。


posted by インサック at 12:58| バンコク | Comment(2) | TrackBack(0) | タイ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月18日

Neko Jump / Lady Ready !

nekojump_ladyready.jpg

意外な傑作!



ネコジャンプの初のフルアルバム(2008年)。
ミニアルバムも数えると3枚目です、たぶん。
前作は「かわいさのためなら音楽のクオリティを犠牲にすることも辞さない」というラディカルなスタンスで制作された(と勝手に決め付ける)わけですが、今回は音楽のクオリティと両立させています!

曲調は既存路線を継承しつつ、「いや〜そのアレンジはなんぼなんでもナシやろ〜」というラインを踏み外さず、2人の歌が(相変わらずロリロリですが)うまくなってます。
バラードで時々ハッとさせるエモーションを感じます。
結果として、今までのロリータな雰囲気を壊さず、ポップスとしてかなりスリリングかつ聴き応えのある名盤になっていると思います。タイトルは最悪ですが。
特にアップテンポな曲の展開の斬新さはすごい。
このへん、さすがRS、アイドルポップスの作り方に精通しているな〜と感心します。

今までは同路線のFour-Modの方がクオリティ高かったと思うのですが、今回で逆転した感がありますね。
ていうか、現在のタイポップスではNeko JumpとFor Modくらいしか聴く気が起きないのですが、誰かかっちょいいタイのロックバンド教えてください(涙)。

あと、やたらと日本語のナレーションが入るのはいつものお約束なのですが、「事故原因を究明し……」てのはやめて欲しかったです(笑)。
これはタイ国内向けのファン対策なのか、はたまた日本人のファン向けなのか判断に苦しむところです。
そもそもグループ名からして思いっきり日本語なわけですが、これってマーケティング的にどこまで有効なのかなあ?

ともあれ、この調子でどんどん名曲をリリースしていただきたいです。


アルバムのラスト曲「Nueng kum tee geb wai」。
イントロとサビに込められたポップス魂に感動しました。


posted by インサック at 23:58| バンコク ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | タイ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月14日

Asalah / Ady

asalah.jpg

力強く、美しい。



シリアの女性歌手アサーラの2005年のアルバム。
Asala、Assalaとも表記されるみたいです。

けっこう昔から活動している人みたいで、名前は知っていたのですが今回初めて聴いてみました。
音的にはオーソドックスなアラブポップスで、西洋化はあまりされていない感じです。
ナンシー・アジュラムナワール・ゾグビーよりもダイアナ・ハッダードナグワー・カラムに近い、保守的な音ですね。

アサーラの歌声は、ハスキーで倍音多目、力強くどっしりしたトーンがベースなのですが、高音部の伸びと絶妙のタイミングで繰り出されるスリリングなアラブ小節が素晴らしく、いいコントラストになっていると思います。

推測ですが、やはりこういう王道ぽい音で歌うからには、しっかりとしたテクニックが要求されるんでしょうか?
ナンシーやナワールが歌が下手とは思いません(というか、すごくうまいと思います)が、アラブ伝統歌謡に要求される「テクニック」というのは、単純な歌唱力の良し悪しではなく、何かもっと別のものなのかも知れません。宗教音楽に通じる何かかな?


アルバムタイトル曲「Ady」のライブ映像。
画質は悪いですが、CD以上の感情爆発で圧倒されます。

posted by インサック at 22:33| バンコク | Comment(0) | TrackBack(0) | アラブ系 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月07日

Alena / Seindah Diriku

alena_2nd.jpg

心が洗われる。



2002年のファーストアルバムから、なんと6年振りのAlena(アレナ)のセカンドアルバム。

ファーストは、ちょうどインドネシアの音楽を聴き始めた時に購入したもので、AndienKrisdayantiなんかと並んで、「インドネシアのポップスのレベルはなんて高いんだ!!」と驚愕した記憶があります。

今回もファーストと同じくPopo Fauzaという人がプロデュースしています。
このPopoという人、本当にツボを押さえたアレンジをする人で、ミュージシャンシップあふれるバンドサウンドと打ち込み系のミックス具合が絶妙。
また作曲の才能もかなりのもので、Alenaの個性を理解したうえでバラードからロックまで、幅広く高レベルなメロディーを書きます。
特筆すべきはミドル系の曲で、ちょっと言葉で説明するのは難しいのですが、アイデアの豊富さとそれをまとめる職人技は、天才的と言ってもいいと思います。

Alenaのヴォーカルは、前作に較べるとかなりエモーショナルになっていますが、それでも抑制されたクールなトーン。けして感情に溺れることなく、透明感あふれるかっちょいいスタイルです。
彼女は中国系みたいで、中国語の曲が2曲収録されています。
インドネシアにおいて華僑であることをアピールするのはいいのか悪いのかわかりませんが、国民の大部分を占める非華僑の人からすると、あまりいい気持ちはしないんじゃないでしょうか?
それでもAlena自分のアイデンテティを示したかったのかなあ。

インドネシアの才気あふれるアーティスト(MellyとかDhaniとか)の作品より、マレーシアのシーラ・マジッドに通じるオーセンティックな気品を感じさせる大傑作です。超おすすめ。
今ならスンダランドで購入できます!
ネシアのCDはいつ売り切れるかわからないので、お早めに。


アルバムタイトル曲「Seindah Diriku」。
この曲だけでは彼女の魅力の1/3くらいしか伝わらないのですが、とりあえず。


posted by インサック at 13:15| バンコク ☁| Comment(1) | TrackBack(0) | インドネシア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。