2009年03月25日

Perfume /ワンルーム・ディスコ

ワンルーム・ディスコ(初回限定盤)
ワンルーム・ディスコ(初回限定盤)Perfume

おすすめ平均
starsディスコる?春だもの
stars懐かしい
stars評価が難しい…
stars楽しげで悲しい?
starsいつの間にか頭の中を支配するフレーズ

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


外さない。



Perfumeの新曲です。
今回は、音的にはCapsule色が強いですね。
普通にいい曲です。
ブレイク後のPerfumeのシングル(Baby cruising Love以降)は、いつも「普通にいいな」と思うのですが、今回もそうでした。
というか、ヤスタカは意識的に「普通にいい曲」というか、普遍性のある曲を書こうとしている気がします。
未だにPerfumeに対する世間のパブリックイメージは「ポリリズム」だと思いますが、あの曲は明らかに「普通」ではなかったですね。
Daft Punkばりの音で途中で本当にポリリズムが入るという、有り得ない楽曲でした。
しかし今回は(今回も)、予想から「わかりやすくは」外れない作り。
でも、たぶんヤスタカは実験を繰り返しています。
それは「スルメ曲」を作るという試み。最初聴いた時はそれほどいいと思わないけど、聴けば聴くほど味が出るような曲。
それはかなり成功していると思います。今日CDが届いてから10回以上聴いてますので(笑)。
音の作りこみの方向がわかりやすくない(難解という意味ではありません)というか、深いところを目指していると思います。
しかしPerfumeの曲は、いつもボトムがしっかり作りこまれていてうれしいです。ヤスタカはベーシストになればいいんじゃないか?

カップリングの「23:30」は、これまた地味ながらおしゃれ、ミニマルな構成は前作「Dream Fighter」のカップリング「願い」に通じるものがあります。

ま〜次のアルバムでは、こういう地味にいい曲を補完するラディカルな曲を入れてくるんだろうな。
「GAME」のように、シングル曲がアルバムで再解釈されるのを期待してます!


posted by インサック at 22:38| バンコク ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | 日本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月22日

氣志團 / 氣志團万博2006 極東NEVER LAND~麗舞!麗舞!麗舞!~

氣志團万博2006 極東NEVER LAND~麗舞!麗舞!麗舞!~ [DVD]
氣志團万博2006 極東NEVER LAND~麗舞!麗舞!麗舞!~ [DVD]氣志團

おすすめ平均
stars泣き顔の翔やん
starsすごい!
stars感動再び…
stars感動が!
stars氣志團サイコー☆

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


チーム氣志團は最高だ。



目立った活動がなくなってしばらく経つ氣志團ですが、大ファンのわたくしは寂しくて2006年の氣志團万博のDVDを買ってしまいました。
するとあなた、これはすごい!!
ポップミュージックのライヴDVDとして、これを超えるクオリティはちょっとないんじゃないでしょうか?

まずロックバンドのライヴとしては有り得ない人数のダンサー、凝った演出・脚本、ばかばかしくも感動する振り付け、ステージに上がっている人は全て楽しくて仕方ないように見えます。
また、これだけのギミックやネタを盛り込みつつ、最終的にはロックバンド氣志團としての底力、楽曲と演奏で感動させてしまうという。
やはり氣志團とは、バンドとして、音楽制作・演奏集団として最高です。そこが全ての核になっていると思います。これだけイロモノくさいのに、そこだけはいつもブレていない。
前も書いたと思うのですが、メインソングライターである綾小路翔團長の書く楽曲は、音楽的にはいまいち洗練されていないし、ヴォーカリストとしては技術的にかなり未熟だし、ヴィジュアルも人並みだと思います。
それは彼自身もわかっていて、そういう足りない部分は必死で補うことにより、この過剰なステージの理由なんだと思います。
とにかくエンターテインメントショーとしてもロックショーとしても、質量共に最高です。
本当にネタ満載のステージなんですが、最終的に涙が出るほど感動しました。

ショー自体も最高なのですが、編集がこれまた絶妙。
氣志團のことを熟知している監督だと思うのですが、メンバーそれぞれの「決め」ショットをバシバシカットインさせ、スリリングな映像に仕上げています。

ここまででももう奇跡的なクオリティなのですが、ライヴ本編以外にもあほほどネタを盛り込む氣志團。
導入部での対象化っぷり、さすがわかってらっしゃる。
氣志團は、團長は、全てをわかって命をかけていると思えます。

この作品を通じて、スタッフの氣志團に対する愛をすごく感じます。氣志團のことが好きで、深く理解しているからこそ、こんなに素晴らしい映像作品が作れたんだと思います。
この図式、Perfumeにすごく似ていると思います。
Perfumeの場合も、Perfumeが好きで深く理解している人たちが音楽を作り、振り付けを考え、PVを作ったことで、結果的にクオリティの高い作品群が生まれたんだと思います。
例えば、ヤスタカプロデュースの作品ってPerfume以外はそんなに売れてないですよね?
それはいわゆる「売れてるプロデューサーにちょっとお願いする」という図式ですよね。
ヤスカタの仕事のクオリティが違うのではなく、プロデュース対象への愛や理解の問題なんだと思います。

こんなに素晴らしいチーム氣志團があるのに、團長はなんでDJなんとかにかまけているのか(「六本木ツンデレラ」は面白かったですが)と思っていたら、氣志團、2009年4月25・26日の武道館GIGから活動再開のようです!
アルバム的にも、コレクターズアイテム的な「Six Senses」が最後になっているので、本気(と書いてマジと読む)のアルバム期待してます!!


posted by インサック at 15:04| バンコク ☁| Comment(1) | TrackBack(0) | 日本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。