2008年09月13日

Samira Said / Ayaam Hayati

samira_ayaamhayati.jpg

間違いないっす。



モロッコ出身の女性歌手、サミーラ・サイードの最新アルバム(2008年)。
この人は歌がすごくうまく、声質にすごく特徴があるので、よっぽど変な曲じゃない限り、作品としての完成度はまず保証されるという感じです。

「よっぽど変な曲じゃない限り」と言いましたが、このアルバムの曲はかなりクオリティ高いと思います。
抑制されたアレンジがサミーラの歌を一層際立たせていて、大人な音作り。
こういう音数を抑えたアレンジは、彼女のヴォーカルスタイルには合っていると思います。声を聴きたいですから。
バッキバキの打ち込みに乗ってても、スリルがあってかっこいいですけど。
やはり「間違いない」アーティストであるナワール・アル・ゾグビーの「Toul 'Omry」に通じる、ダンサブルでありながらもしぶいセンスです。

サミーラのケロケロした鳥っぽい声質で完璧な発声・音程・こぶし回しで歌われると、なにか重要な神託を告げられているような気分になります。歌詞の意味は全くわかりませんが。
元々アラブでは(アラブに限らず?)、芸事というのは、古代には神からのお告げを人々に伝えるような意味合いもあったのでしょうから、そういう意味では音楽の成り立ちに忠実とも言えますね。



9曲め「Hob mayous menoh」。
いつまでも若く美しい人ですね。

posted by インサック at 14:37| バンコク ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | アラブ系 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。