2008年09月28日

Suki / finally | akhirnya

suki.jpg

商品として素晴らしい。



「マレーシアのグラミー賞」的な音楽祭「AIM」の2008年度<最も期待される新人>に選ばれたSuki Lowのデビューアルバム(2008年)。
AIM2008の結果はアサ・ネギシさんのブログに載ってます。こちら。
AIMのサイトには載ってません。不思議。

このsukiというYOSHIKI似の女性、中華系らしいのですが、アルバム収録曲はマレー語と英語半々くらい。
曲の方は、現在のポップミュージックの「売れ線」の要素を全て詰め込んだというか、これは売れるでしょ、という感じです。
ラップやリンキンパークみたいなエディットされたディストーションギターもあればアヴリル・ラヴィーンばりのストレートなパンク風ロックンロール、ちょいダサなバラードと、ツボを押さえた曲が絶妙のアレンジとサウンドプロダクションで展開されています。
sukiのヴォーカルは、突出した個性はないのですが、曲にマッチしたエモーションとテクニックを持っています。
「商品」としてはすごくクオリティ高いと思います。

こういう「産業ロック」みたいな音って、相当の力量がある人が作らないと聴くに耐えない退屈なものになりがちなのですが、このアルバムはすごいです。「商品」という意味で、買って「損した」と思う人はほとんどいないのではないでしょうか。
逆に、実験的な要素や音楽的な新規性は全然ないのですが、そんなものを望むのは一部の音楽マニアしかいないのが現実でしょう。
個人的には挑戦的な音の方が好きなのですが、ここまで完成度の高いものを作ってくれれば文句ないっす。

ところで、非マレー人のアーティストがマレー語で歌うというのは、Karenなんかもそうですね。
ボルネオ行きの飛行機(マレーシア航空)の機内誌によれば、Karenは大きな成功を収めたそうです。
また、ミリのCDショップではインドネシアのアーティストのCDがけっこうあったのですが、ちょっと前までマレーシアでインドネシアのCDはそんなに売ってなかったと思います。
最近はこの2国間の音楽市場のボーダーレス化が進んでいて、マレーシアのアーティストがインドネシア1億8千万人の市場も狙える状況が生まれてきて、それでマレー語で歌う人も増えているのかな?と思いました。


AIM15 (2008年)のステージで歌った「Berdiri」。
スター性を感じます。

posted by インサック at 14:00| バンコク ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | マレーシア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。