2008年11月29日

Capsule / MORE! MORE! MORE!

MORE! MORE! MORE!(初回生産限定)(DVD付)
MORE! MORE! MORE!(初回生産限定)(DVD付)capsule

おすすめ平均
starsもわもわもわ
starsコレはイイ!‥爽快感もバッチリ!
stars今の音楽
starsカッコいいっす。
stars最高っ

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


遠慮ねえ〜。



Perfumeのついでに初めてアルバム通して聴いてみました、中田ヤスタカのユニットCapsule(2008年)。

聴いて改めて思ったのですが、ヤスタカってPerfumeの曲は「あの3人が歌う」(=アイドルポップスということかも知れませんが)とか、「一般性を持たせる」いうこと、言い換えれば「売れ線」を意識して作ってるんだな〜と感じました。

というのは、このアルバムの音は、所謂フロア向けの音として相当振り切った感じで作られていて、Perfumeの曲としては成り立たないくらいにエッジが立ってます。
Perfumeの楽曲の中でも「過激」と言われている「GAME」や「Edge」も、これに較べればかなりマーケットを考慮して作られているような気がします。

ではこのアルバムがノイズだらけの、XXXをキメて聴くと最高!みたいなアシッドでドラッギーなものかと言うと、全くそうではなく、音楽的な冒険もしつつポップスとしても成り立つわかりやすさも備えた、かなりいい感じの音になってます。まあノイズだらけではありますが。
いわゆる「売れ線」の音では全くないのですが、でもこのアルバムは今週のオリコンランキング6位ですから、売れているのです。
これがヤスタカ言うところの「ポップスを作る」ということなのか!!恐るべし。

過去のCapsuleは、いかにかっこいい音(アレンジ的・音響的に)を鳴らすか、というところに焦点がいってて、メロディーやとっつきやすさは2の次だったような印象があるのですが、今作は日本語詩も多く(歌詞カードは付いてないのですが)、かなりわかりやすくなっていると思います。
これは、ヤスタカ氏がPerfumeを筆頭にアイドル関連の仕事をしていく中で獲得したポピュラリティであり、彼の元々の資質ではなかったのかも知れません。
こしじまとしこさんのヴォーカルも、Perfumeにはないクールさがあってかっこいいです。うますぎないのがいいですね。
そもそもテクノに高い歌唱力ってそぐわない気がしますね。YMOの印象が強いからそう思うのかな?

YMOと言えば、ヤスタカの音作りにはYMO、特に坂本龍一の影響を感じます。リズム的にはNew Order的な冷徹さも感じますね。
そういう、テクノと言うよりも(死語だけど)「ニューウェーヴ」と言ったほうがイメージ近いですけど、の歴史の最先端にいるのがヤスタカなのかなあ、という気がします。
ヤスタカ自身も影響されているDigitalismやUnderworldなんかは、進化の方向性としては袋小路に入っちゃってる気がするんですよね。
ガラパゴスの動物みたいに、ある特定の環境でしか意味がない、みたいな。
だから、ヤスタカがDigitalismからアレンジを引用しても、その意味は全く違うと思います。
これは、たった今ポップスに「なった」2008年のニューウェーヴです。


3曲目「JUMPER」。
この曲までの3曲の流れは神。

posted by インサック at 17:14| バンコク ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/110396468

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。