2009年04月29日

Perfume /『BUDOUKaaaaaaaaaaN!!!!!』

Perfume 『BUDOUKaaaaaaaaaaN!!!!!』
Perfume 『BUDOUKaaaaaaaaaaN!!!!!』Perfume

Tokuma Japan Communications CO.,LTD(TK)(M) 2009-04-22
売り上げランキング : 3

おすすめ平均 star
star多彩なダンスが素晴らしい
star日本のポップ・カルチュアの極点
star歴史が動いた

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


立派になって……



Perfumeの去年の武道館ライヴのDVDがやっとリリースされました。ほっ。
初動6.3万枚は09年のDVDとしては最速、もちろん売上首位。
みんなPerfumeのライヴが見たいんですね〜。
しかしそんなに広告もしてないのにこの結果、コアなファンが多い証左ですね。
もうガルネクのようにプロモーションでメジャー感を演出できる時代ではないのかも知れません。

内容は今までの集大成的な構成。
FAN SERVICE〜BITTER〜からよくここまで来たな、と感慨ひとしおです。
演出も凝ってるし金かかってるし、エンターテインメントとして非常に作りこまれた作品になっていると思います。

しかし改めて、Perfumeとは極めてユニークな表現だと思います。
アイドルのフォーマットなのにテクノ色の強い楽曲(今更ですが)、媚びを排し、アイドルなのに顔を隠したりうつむいたりするアンチアイドルな振り付け、コンセプト色が強いPVやライヴ。
Perfumeとはあの3人のことではなく、こういった一連の表現全体を指すものであり、彼女たちもその表現形態の一要素に過ぎないように感じます。
なのにしっかり「アイドル」として認知されてたりして。

楽曲については、実は「GAME」以降はテクノポップどころかテクノ要素は大幅に後退しており、スタイルに依存しない、普遍的な、音楽の本質で勝負する方向に向かっていると思います。
まあ以前からスタイルに依存しているとは思っていませんが!

あ〜ちゃんはいつものように大泣きで、今までの苦労が偲ばれます。
もうJBのマントショーばりのお約束ですが、それが現在の圧倒的なパフォーマンスにつながっていると思うと感慨深いですね。
これで肝心の作品がしょぼかったら、いくら苦労していても引きますよね。

次のライヴは5月の代々木ですが、その時にニューアルバムの発表があるのではと期待しています。
もうアイドルでもなくテクノポップでもない、唯一無二の存在としてのPerfumeを体験したいです。




posted by インサック at 12:55| バンコク ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。