2009年06月22日

Am Fine / Little Room

amfine.jpg

タイのロック。



今年のタイフェスティバルでも来日したAm Fineの最新アルバム(5枚目)です。
ヴォーカルのFaiはLydiaやMe'と「DREAMS U」という企画盤に参加したりしてますね。
この「DREAMS U」がけっこう良かったので、Am Fineも聴いてみようかな〜と思っていたのですが、2年経ってやっと聴きました(笑)。

タイのポップスを聴いたことがない人に、
「タイのロックってどんな感じなの?」
と聞かれた時に最適なアルバムだと思います。
タイ独特の(たぶんルークトゥンの影響だと思うのですが)メロディーラインに主張しすぎないバックバンド。
また、バラードでも(ピアノやオーケストラではない)バンドアンサンブルというのは、実はタイロックの大きな特徴ではないかと思います。
これはパブとかでもCDに近いニュアンスで演奏できるように配慮されているのでしょうか?わかんないけど。
Am Fineの曲も、タイの大箱ディスコのハコバンが演奏して客が合唱している絵が目に浮かびます。
スタイルは違えど、個人的に「あ〜タイっぽいな〜」と思うアーティストとしては、他にはParnとかLOSOとかアサニー・ワサンとかでしょうか。
ということは、Am Fineはタイでは大人気ということかな?

おれがタイにいる時であれば、たぶんあまり気にならなかったと思います。周りには「タイ的なもの」はあふれていたので。まあタイだから当たり前ですが。
しかし、現在「タイ的なもの」が身近にない環境でAm Fineの曲を聴くと、なんかしみじみするものがあります。
このベタで大仰なアレンジ、タイっぽいな〜と。

また、ベタで大仰なアレンジに乗るFaiのヴォーカルが、かなり絶妙に抑制されていてかっこいいです。
Parnだと、かなり情感たっぷりに歌い上げたりするので、ちょっともたれる感じがあるのですが(おそらく多数いると思われるParnファンの皆様、すみません)、Faiちゃんは濃すぎず薄すぎず、自然体でちょうどいい感じです。
これって、簡単なようで難しいことだと思います。
実際、楽曲としてはそんなクオリティが高くないというか、凡庸な感じなのですが、Faiちゃんが歌うとなんか聴けてしまう、というか、何回も聴いてしまう魅力があります。
いやし成分もかなり入ってますし、エンドルフィンのダーちゃんAnnの間くらいの感覚でしょうか?
AnnもBloom以来音沙汰ないなあ…



アルバム1曲目「Faen Kaw」。
タイやなあ〜。





posted by インサック at 00:08| バンコク ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | タイ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/121968081

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。