2010年10月03日

氣志團 / 木更津グラフィティ

木更津グラフィティ(DVD付)
木更津グラフィティ(DVD付)氣志團

エイベックス・マーケティング 2010-09-15
売り上げランキング : 635

おすすめ平均 star
star最高!!!!!
starついに完全復活

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


純度を増した、永遠の17歳。



氣志團久々のフルアルバム(2010年)。
前作「Six Senses」は、実質メンバーのソロ作品集だったので、氣志團としては2005年の「愛羅武勇」以来、実に5年ぶりとなります。

やっぱり彼らはロックバンドだ、ということを再認識させる内容でした。
氣志團は、そのファッションや綾小路翔団長のキャラクターで、一般にはイロモノ・ニセモノとみなされているかも知れませんが、音楽的には非常にまっとうなロックバンドでして、今の世の中、ここまで真っ直ぐに(古臭いとも取られかねない)、ロックというジャンルを突き詰めているバンドは少ないと思います。
とは言え、過去にはかなりバラエティに富んだ楽曲も発表してきましたが、今回は「狭い意味でのロック」に絞って制作した感じがします。
ロックのカッコよさを信じているというか。
それは、同梱されているDVDを見ればより実感できると思います。
しかし氣志團のPVは本当にかっこいい。
特にライヴ映像は、メンバーの一番かっちょいいショットを絶妙なアングル&長さで編集していて、感動します。

歌詞は、さすが永遠の17歳の団長、頑なに青春ロマンティック路線です。
実際もういい年だと思うのですが、ここまで初期衝動をブレずに持ち続けるというのは、10代にすごいトラウマがあるのでしょうか?
ずっとゴシックな世界観をキープし続けるWillardにも通じる一徹さです。
ちょっと怖いくらいです。

そして、やはり星グランマニエの曲がいい、良すぎる。
持って行かれます。

氣志團ファンとしては、もう完全復活でうれしい限りなのですが、5年のブランクがちょっと気になります。
新しいファンは獲得できるのか?
今の10代の子とか、こういうの聴くのかなあ?ヒップホップ成分ゼロだし、ロックはもはや若者の音楽じゃないのかなあ。


星グランマニエ作曲「おまえだったんだ」。
この曲最高でしょう!
これこそが日本のロックですよ!

posted by インサック at 16:26| バンコク ☁| Comment(1) | TrackBack(0) | 日本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
実質ってなに?
Posted by BlogPetのポンサック at 2010年10月04日 15:25
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/164530042

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。