2010年12月11日

BUMP OF CHICKEN / FLAME VEIN

FLAME VEINFLAME VEIN
BUMP OF CHICKEN

トイズファクトリー 2004-04-28
売り上げランキング : 1427

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


中二病と嗤うことはたやすい、しかし本当にそう思う?



BUMP OF CHICKENのデビューアルバム(1999年)。
演奏やアレンジは粗削りですが、藤原君の作詞・作曲・歌唱力はユグドラシルと遜色ない、驚くべき個性&クオリティ。
デビュー時でこの才能、この人やっぱり天才ですね。

Amazonのレビューを見ると、最近のBUMPよりこのアルバムやセカンド「THE LIVING DEAD」の頃のほうが好き、という人も多いみたいですね。
なんかわかる気がします。
佐野元春ファンにとっての「Back to the street」みたいな感じでしょうか。
今の姿と比較すると未熟だけど、方向性をしっかりと指し示してしるというか。
常々、音楽家や小説家は「処女作に向かって成長する」と思っていて、いつかBUMPもスケールアップした「FLAME VEIN」を作り上げるんじゃないでしょうか。

藤原君は本当に才能あふれるアーティスト(絵を除く。ごめん。)だと思いますが、最も才気を感じるのは作詞です。
ある意味青いというか、中二病的な部分もあるのですが、言葉の選び方や情景描写力にはすごいセンスを感じるし、40過ぎのおっさんの胸にもグサグサささります。
このアルバムで言うと、「バトルクライ」の

これが僕のいるべき戦場
覚悟の価値を決める場所

というフレーズには、今のおれの境遇と相まって激しく感動しました。
おれの場合は、やっぱりかなりの覚悟を持ってタイに移住したという経緯と共鳴したわけですが、このように、いろんな人の経験と共鳴する詩をかける才能(これはポップミュージックとして非常に大事なことだと思います)を、彼は持っています。

作風的には、歌詞の前半で、曲のテーマとなる感情や衝動が起こるシチュエーションを、かなり細かく描写し、サビではその感情を見事に表したフレーズを持ってくる、という構造が多いです。
これにより、聴き手はよりリアルに感情を共有できるわけです。

まあロックという音楽自体が中二病みたいなもんだし、ロック好きっていうのは多かれ少なかれ中二なんだと思います。
でもその中に、本当に感動するものがあったりするのも事実です。

posted by インサック at 13:31| バンコク | Comment(7) | TrackBack(0) | 日本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
藤原って…なんだろう…?
Posted by BlogPetのポンサック at 2010年12月11日 16:14
盛岡の皆さん、そしてその周辺の地域でお住まいの皆様、おまたせしました!!出会い掲示板の盛岡版がついに登場!地元密着型の出会い掲示板で新しい出会いをぜひ体験してみて下さい!
Posted by 盛岡 出会い at 2011年05月21日 13:18
更新無しで半年ですか…残念ですね。
とはいえボクもCDレビュー今年になってひとつも書いてないw
ああ大阪タイフェスで買って来たピーバードの最新譜、聞いてみよう*まだ聞いてなかったw そんなものですよねえ、堅気になってしまうと…w w w
Posted by TAKU at 2011年05月27日 05:46
ご無沙汰してます。
以前のように、タイポップスをがっつり聴き込むようなことはなくなっちゃいましたね。
今はタイに住んでいるので、日本にいた時よりタイ音楽に対する「餓え」みたいなものもなくなりましたし。
最近NJとLa Ong Fongの新譜を発見しました。まだ聴いてないですが。
Posted by インサック at 2011年06月23日 21:54

ちょっとした、ドキドキがほしいな
http://kwy5o0f.love.chu-g.net/
Posted by 夏だからね at 2011年07月30日 06:39
ニューハーフとの相性占いしてみませんか?あなたがニューハーフと付き合える可能性がどのくらいあるのかがわかります!今すぐチェックしてみてください
Posted by ニューハーフ at 2011年09月20日 19:16
第31回 ジャパンカップ 高配当を狙うなら必見です!すべてのデータから導き出された買い方を伝授!初心者の人も馬券歴の長い人も納得の情報でジャパンカップはもらったも同然!
Posted by ジャパンカップ at 2011年11月22日 03:05
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。