2007年08月20日

ICE Saranyu / ICE

ice.jpg

日本デビューおめでとうございます。




「タイのハニカミ王子日本デビュー」
だそうです。
去年タイでめちゃくちゃ流行ってましたよね、ICE君。
おれも勢いで買ってしまったのですが、取り上げるタイミングを逸してました。

このICEの日本デビュー、ビジネス的に成功するのか非常に興味あります。
マネジメントは「アナコット」という会社みたいです。タイ語で「未来」という意味ですね。
やってる方はタイに住んでいた経験がおありみたいですが、どこかで会ってるかも知れません。
まあそれはいいとして、まず公式サイトがちゃんとしている。メディアにちゃんと露出しているというのは、パブリシティとして非常にうまい、というか、何でこんなにあちこちでニュースになったのか不思議です。プロの仕事ですね。

また、日本では、外国人男性アイドルがまともに売れたためしがないですよね。
アジアであれだけの大人気を誇ったF4ですら、日本での知名度はいまいち(というか、普通の人は知らない)ですし、韓流アイドルスター(東方神起とかピとか)も、メディア(というか一部の団体?これ以上言うとヤバいか?)が工作してはいるものの、一般には認知されていないですよね。
広東語ポップスの世界では「男性アイドル」というジャンルはありますが、これも今のところマニアの域を脱していないと。
洋楽のボーイズグループを除けば、今まで外国人がアイドルとして日本のエンターテインメント界で認知されたことないんじゃないでしょうか?

そういう状況の中でのICE君ですが、出世作「Kon Jai Ngai」(邦題「恋ナンジャナイ?」←このネーミングセンス、適度にベタでいいですね)は、いやらしいまでのキャッチーさで脳裏にこびりついて離れない曲ですし、ICE君のルックスはイヤミないですし、売れる要素はあると思うんですよね。

一方、タイポップスのサウンドプロデュース能力は、近年上がって来ていますが、このアルバムに関して言えばいまいちかも知れない。
そしてJ-POPで売れるためは必須のヒップホップ成分が少ない。
日本人に根強く残る東南アジア(人)蔑視の先入観を払拭できるか微妙。
という不安材料もあります。

ま、個人的にタイの男性アイドルはほとんど聴かないので、どうこう言う知見もないのですが(ってもう十分どうこう言ってますが)。




お約束のあの曲です。

ラベル:タイポップス
posted by インサック at 22:51| バンコク ☁| Comment(14) | TrackBack(2) | タイ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
おひさしゅう。ww

この曲だけは乗りだけで
きいています。


まぁ、いろんな女性のカバーもありますが。。(笑)

ちょっとこれからのプロモーションが
たのしみではありますが
コアなfanとしては
内緒にしておきたいww
というきもちも(火暴)
Posted by うぶすぶ at 2007年08月21日 09:59
「ズームイン」の芸能コーナーで紹介されてた人ですね。
日本のイケメン俳優に居そうな顔です。
「ゴルフ&マイク」も日本盤出たらしいですね、アイスくんとどっちが人気あるのでしょうか。

F4は、全員揃って「スマップ・スマップ」にゲスト出演してたし、F4のヴァネス(呉建豪)は「笑っていいとも」にゲスト出演してましたよ。F4は、一時期、女性週刊誌にやたら露出していたので、30〜40代の女性の間では、そこそこ認知度あると思うんですが・・・。
それと、東方神起は、「ヘイ・ヘイ・ヘイ」に3回ほど出演してます、シングル曲はオリコンベスト10入りしてたので、ピ(Rain)よりも認知度はあるはずです。

しかし、仰せの通り、彼らはヨン様ほどの人気ではないですよね。
日本で売れるためには、10〜20代前半の女の子よりも、
40代以上のオバハンをターゲットにしないと、売れないのでしょうかね?
Posted by kisara at 2007年08月21日 20:46
うぶすぶさん、お久しぶりです。
ICEには普通に売れて欲しいですね。

キサラさん、確かにF4も東方神起もそれなりにプロモーションしてますが、知名度としてはどうなんですかね?
タタヤンくらいはあるにしても、女子十二楽坊まではないですよね?
ゴルマイは、あまりにもジャニーズ的すぎるけど、ジャニーズファンにはあまり受けてないですよね。なぜでしょう?
Posted by インサック at 2007年08月23日 00:14
はじめまして(でしょうか)!
TB失礼いたしました。
確か9月5日に本格CDデビューですよね。
「恋ナンジャナイ?」の日本語バージョンも出ると聞いてますが、どんな感じに変わってしまうか、ちょっと心配です。
どうもメディアへの露出度が少ないようで、もう少し売り出し方をうまくやってほしいものですね。
Posted by JiMNY at 2007年08月23日 13:41
>ゴルマイは、ジャニーズファンにはあまり受けてない
中学時代に部屋中キンキキッズのポスター貼りまくって、今は山下智久と松本潤に熱狂して、相変わらずジャニーズドラマは毎週欠かさず見ている、うちの妹ですら、「ゴルフ&マイク」には全く興味を示さなかったです、なぜ?!
妹は、台湾のF4よりも、松潤率いる ”日本のF4” の方が好きですよ。
そういえば、アイスくんは小栗旬(日本のF4・花沢類 役)に似てますよね。
Posted by kisara at 2007年08月23日 22:12
JiMNYさん、はじめましてじゃないような気がします。TBありがとうございます。

ICEのメディアへの露出は、今までのタイの歌手の中では(って前例が少ないですが、タタヤンとかブライオニーとか)に較べれば、一発目としてはかなり出ているほうだと思います。
所詮「J-POP」ではないので、洋楽等と較べれば、普通のアメリカの新人なんかよりはるかに露出しているのではないでしょうか?

キサラさん、ゴルマイがなぜ日本で受けないか、それは日本人じゃないからじゃないかと思えてきました。
日本語が話せないのはもちろん、育って来た環境が違うから、TVでのリアクション等もなんか違和感があるのでは?TVで見たことないけど。
女性シンガーだと、そういう違和感も日本人男性から見て「かわいい」と感じてもらえるんだろうけど、日本人の女の子はまた感じ方が違うんですかね?
Posted by インサック at 2007年08月23日 22:43
来週の月曜日(10日)、NHK-FM「アジアポップスウインド」にアイスくんがゲスト出演するそうですよ。あと、その前の日には、徳光さんの「ザ・サンデー」でアイスくん独占インタビューとか予告してました。
FM COCOLO でもピックアップされてます。http://www.cocolo.co.jp/php/hbs_more.php
COCOLO は昔、台湾のエルヴァをイチオシしてましたが、日本ではさっぱり売れませんでしたね・・・。
アイスくんはテレビにも露出しているので、エルヴァよりかは売れると思います。
Posted by kisara at 2007年09月05日 22:21
逆に「アジアの音楽」と紹介されているうちは、本当に「売れている」とは言えないのかも知れませんね。
まあしょうがないか、タイ語で歌ってるし。
Posted by インサック at 2007年09月09日 13:41
「恋ナンジャナイ?」
素晴らしい邦題ですね
水野晴男もビックリ

この曲の「なんかどっかで聞いた感」はなんでしょう?でも とっても好きです

>それは日本人じゃないからじゃないかと思えてきました。
正解です。
Posted by at 2007年09月13日 23:34
あっ↑のコメントは私です
この曲
Cover Girls
を先に聞いたんですけど
 その時から「なんかどっかで聞いた感」
ありました

うん魂の1曲です
Posted by frog1200 at 2007年09月13日 23:43
「なんかどっかで聞いた感」はヒットの条件なのかも知れませんね。
特にタイでは。
Posted by インサック at 2007年09月14日 22:33
数年ぶりにお邪魔します。
関西中心のキー局「FM COCOLO」でヘビロテで、
すっかり聞きほれてしまいました。
インサックさんだったらどんなふうに聞かれるのかと思い、
再訪してみたら、さすがの見解!!!ですね。

しばらく振りにblog復活しましたので、今後ともよろしくお願いします<(_ _)>
Posted by lily at 2007年09月28日 21:42
lilyさん、たいへんご無沙汰しています。
「恋ナンジャナイ?」は必殺の1曲だと思いますし、これで売れなきゃタイポップスが日本で認知されることは当分ないんじゃないでしょうか。

母校が吸収されるようですが、吸収するほうはおれの母校だったりします。
Posted by インサック at 2007年10月01日 21:35
casio カシオ カシオ カシオ カシオ http://www.shoppingforcommitteejp.pw/
Posted by カシオ カシオ カシオ at 2013年08月13日 01:16
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

ナイスなあいつ。その名はアイス!
Excerpt: 先月のゴルマイ(Gilf&Mike)の日本デビュー(詳しくはヒットの予感『ニッポンアイニイクヨ』を参照)に続きまして、なんと9月5日にはアイス・サランユー(IceSarunyu)(右)が日本デビューす..
Weblog: タイまで5,750,000歩
Tracked: 2007-08-23 13:07

残暑の救世主なるか!?「ICEJAPANDEBUTPREMIUM」
Excerpt: 例によって、パクリネタです。うぶすぶさんの「Thaiに魅せられて」の24日の記事によりますと、当ブログでも9月5日に日本デビューするとお知らせしましたアイス・サランユー(IceSarunyu)(=『ナ..
Weblog: タイまで5,750,000歩
Tracked: 2007-08-26 13:31
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。