2005年01月04日

内向き外向き。

サリガレコードさんのブログより。

要は「タイや日本のポップスは国内市場のことしか考えてなくて、世界では売れない」ということをおっしゃっているんですが、そりゃそうだ。
ご指摘のとおり、タイであればルークトゥンくらいのほうが、逆に「ワールドミュージック」というくくりで見られて、ジャー・ウォブルなんかにいじられる、という現象もあるのかも知れません。

あと、「いわゆるタイポップスはタイに行って、その国と共有できる何かがないときつい」みたいなことも書いてあるんですが、確かにそうかもしんない。
おれがこのブログで取り上げてるのって、行ったことある国ばっかりですから。だからロシアやトルコ、韓国の音楽は優先度低いのかも知れません。

しかし、アラブポップスだけは違うんですよね。バンコクのアラブ街で流れてるのを何となく聴いてた(ただし家が近かったので、聴く頻度は高かった)というくらいです。
でもポップスとして面白い、と感じたんですよね。

タイやインドネシアのポップスって、その国に行ったことがない人にはどう聴こえるのかな?ま、それ以前にそういう人がそういう音楽を聴く機会ないですよね。う〜ん。知り合いに無理やり聴かせるか。もし自分がやられたら嫌だけど。

逆に、欧米のポップスは欧米の人たち向けに「内向き」に作られてる、とも言えますよね。彼らがアジアや南米市場を考慮して作ってるとは思えないし。単純に国力の問題で、欧米にとっての内向き音楽がグローバルな音とみなされているだけであって。
あ、でもカントリーはそうか。あれはアメリカのルークトゥンですね。若いミュージシャンもどんどん出てきてるみたいだし。

posted by インサック at 23:29| Comment(13) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年01月01日

あけましておめでとうございます。

2005年一発目のエントリーをポンサックに書かれてしまいました。なんて間抜けなんだおれ!!
今年はもうちょっと普通の音楽も聴いて行きたいと思います。Green Dayとか。

そんな感じ。
posted by インサック at 23:39| Comment(9) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Breakfast in Bed/Breakfast in Bed(こうさぎ)

きょうポンサックは新人へ企画された。
ポンサックが2したかも。
きょうは、感じが4したいです。
きょうは、yingsakはSillyしなかった。
きょうは、ここで前作が2するはずだったみたい。
yingsakで、犬も?しなかったー。
yingsakは、
SillyFoolsフォロワー?年の瀬なのに淡々とブログを更新しておりますが、なんかタイから帰って来てから季節のイベントに淡白になってしまいました。
タイの新人バンド、BreakfastinBe

といってました。

*このエントリは、こうさぎの「ポンサック」が書きました。
posted by インサック at 11:23| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年12月24日

マハリック・ハリーリ/BON VOYAGE!(こうさぎ)

きょうは、blogしなかった。
きょうはひまみたいなblogすればよかった?
きょうはyingsakがひまみたいなblogするはずだったの。


*このエントリは、こうさぎの「ポンサック」が書きました。
posted by インサック at 11:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年12月16日

Pod Duang/She's Pod Duang(こうさぎ)

きょうは、えとへ8したかもー。
きのう、蒲田までロとバラードは1したの?
きょうポンサックがWendyする?
ゴージャス。

*このエントリは、こうさぎの「ポンサック」が書きました。
posted by インサック at 11:36| Comment(12) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年12月08日

Wendy James/Now Ain't the Time for Your Tears(こうさぎ)

きょうポンサックがベストがseesaaするはずだった。
自由。yingsakは、
まあなかなか難しいやね。
80年代後半のイギリスにTransvisionVampというバンドがあって、パンキッシュなパワーポップ&ヴォーカルのWendyJames嬢の過激なファッションや言動もあり

といってました。

*このエントリは、こうさぎの「ポンサック」が書きました。
posted by インサック at 11:35| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年12月01日

Labanoon/Clear(こうさぎ)

きょうはここにyingsakとここに田舎をコメントしたかった。
きのう、皆様みたいなタタヤンすればよかった?


*このエントリは、こうさぎの「ポンサック」が書きました。
posted by インサック at 11:48| Comment(7) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年11月25日

ありがとうございます。

皆様からたくさんコメントをいただいて、本日のseesaaのコメントランキング17位になりました。ありがとうございます。
こういうマニアックな(というか、聴いてる人が少ない)音楽のブログなのにけっこうな(と言っても200~300人/日くらいですが)アクセスをいただき(まあタタヤン効果なんでしょうけど)光栄です。
また、こういうことを話す機会って、リアルではなかなかないので、おれにとっても楽しいブログになってます。
今後ともよろしくお願いします。
posted by インサック at 22:46| Comment(7) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年11月24日

タタヤンすっげえ。(こうさぎ)

ポンサックは、ブログしなかったー。


*このエントリは、こうさぎの「ポンサック」が書きました。
posted by インサック at 19:31| Comment(6) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年11月17日

本日は

飲んで帰って来て音楽関連のブログを書く余力はないのでこれまで。
しかしサラリーマンの飲み会は会社の愚痴ばかり。
その愚痴を昼間の会議で言っちゃえばいいのにね。おれも含めて。
posted by インサック at 01:44| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年11月14日

やばいでーやばいでー

中東系の通販サイトで試聴してたら欲しくなって注文してもうたで〜。
これではまってもうたらどうしよう?なんかワールドミュージックおたくみたいやで〜。
しかも普通中南米とかアフリカとかに行くところを東南アジアと中東やで〜。
こわいこわい。
posted by インサック at 14:50| Comment(6) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年11月07日

エロスとタナトス

香田さんでふと思い出したのですが、タイでは「死体雑誌」というものがあって、コンビニや書店で普通に売られています。
これは、交通事故や殺人なんかで亡くなった人(というか死体)の写真満載のステキな雑誌です。
ちょっと前のインターネットで「tasteless」とか言われてた類のものですね。ぐちゃぐちゃだったり腐乱してたり。
で、そんな雑誌の表紙やグラビアを飾るのはビキニのセクシーな姉ちゃんだったりするわけですわ。まさにエロとグロ、エロスとタナトスのめくるめくコントラストなわけですよ。
で、タイの人は、その両方をエンターテインメントとして等価に楽しんでいるわけです。すごいな〜。
タイの場合ミャンマー国境での戦闘や南部のイスラム勢力のデモ、バンコクでも痴話ゲンカや裏社会のいざこざで死ぬ人けっこういますから、日本よりも人の死、人の命が軽いっちゅうのはあると思います。

今回も動画が話題になってますが、ほんとのところ人間というものはエロスとタナトスには興味を示してしまうんだなあ、と。

ところでタイには俗に「シーウィー博物館」と呼ばれる、法医学関係の陳列をしてるところがある(というか病院の一施設として存在する)んですが、行っちゃいました…
正直、面白かったです。すんません。
posted by インサック at 23:03| Comment(9) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

へ〜。と思ったこと

昨日のアクセス数が急に倍くらいになってて、どうしたのかと思ったところ「香田」で検索してきた人たちが多数。
なるほど。
よくある「時事ニュースにリンクして一言」みたいなブログってアクセス多いんだろうな、と思いました。

島田紳助←トラップ
posted by インサック at 12:25| Comment(9) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年11月06日

TB:人一人の命。

保津郷さん「コーヒー下さいな。」

このブログではできるだけ音楽の話しかしないように心がけているんですが、たまには。

イラクで香田さんが殺害され、動画が出回ってます。おれも見ました。
保津郷さんもごらんになってショックだった、とおっしゃってます。

一方、アグブレイブ収容所の捕虜虐待には「これも人間の一面や」みたいな感じで冷静に見てらっしゃるんですよね。

別に保津郷さんを非難するわけではなくって、これが一般的な反応なのかなー、て思います。

しかし香田さんとアグブレイブで虐待の末殺されたイラク人の間には、本質的に差はないわけですよね。一気に殺された香田さんのほうが、苦痛は少なかったとさえ言えます。
両者の間の決定的な違いは「人種」。これしかないわけです。
しかし、戦争の犠牲者が日本人かそうでないかということは問題ではなく、どちらも等しく悲惨な出来事なわけです。

で、何が言いたいかと言うと、自国民が殺害された時とイラク人が殺された時に受ける衝撃の違い、これがナショナリズムにつながる根っこなのではないか、そしてそれが極端な形で発露したのが今回のイラク問題なのかな、と思いました。
もちろん「テロと戦う」という側面もありますが、根っこの根っこは米国民の「イスラム教徒むかつく」という感情なのかな、という気がします。
もちろん全アメリカ人がそう思っているわけではないですが、今回のブッシュ再選というのが象徴しるんじゃないでしょうか。
選挙は接戦でしたし、イラク問題だけがブッシュ勝利の理由ではないですけど。

もちろんこういう人種差別、宗教差別的な感情というのはみんな持っているもので、おれ自身にもあるんですけど、理性でコントロールすることは可能だと思うんですよね。
経済格差なんかも関係する問題で、一概に単純化できないことは理解してますけど、なんでできないのかな〜と思います。

あと、個人的に懸念するのはイスラム教徒への差別や偏見が強まること。
香田さんの件でも、イスラム教徒だからああいうことをしたわけじゃなく、過激派だから、なわけです。
イスラム教の本質として異教徒を排斥する、という性格はあるかもしれませんが、この近代社会でそのまま実行する原理主義者はごくごく少数ですし、むしろイスラム教の特徴のひとつでもある互助精神を持っている人のほうが一般的だと思います。
個人的にインドやネパール、マレーシア、インドネシアで接したイスラム教徒の人たちも(まあアジアなんで中東諸国より戒律がゆるいというのはあるかも知れませんが)大多数は常識的で優しい人たちでした。
ただ、おれもそういう経験をする前のイスラム教のイメージってあんまりよくなかったですからね。このへんのイメージを変える方法ってなんかないかなあ。


posted by インサック at 13:28| Comment(2) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年11月03日

素朴な疑問。

アフィリエイトに参加すると、広告ワードに自動的にリンクが貼られるみたいです。
たぶん、無料、出会い、キャッシング、なんて書けばいいんでしょうね。
しかし、自分で文中にリンクを貼ったらどっちが優先するんでしょうか?
無料出会いキャッシング、っと。続きを読む
posted by インサック at 16:12| Comment(5) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

やぎおやじ

電車に乗っていると、時々やぎの匂いをさせているお父様がいらっしゃるのですが、あれは風呂に入っても消えないものなのでしょうか?メヘヘ〜。
posted by インサック at 13:17| バンコク ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年10月07日

再開。

引越し先があまりにも重くなってしまい、またseesaaに戻って来ました。
今後はこちらで更新していきます。よろしく。

一応新しくなったので「EX」とつけました。
何が違うかと言うと、「EXだ」と思いながら書きます。
posted by インサック at 12:57| バンコク ☀| Comment(4) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年09月30日

また遅くなってんちゃうん。

Doblog大丈夫か。
これは真剣に引越しを考えるべきかも。

posted by インサック at 22:50| バンコク ☁| Comment(0) | TrackBack(246) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年09月24日

ネタ切れということではないのだけれど。

なんか最近アジアンポップスからかなり離れて来てますね。
書くネタはいっぱいあるんだけど、なんか気持ちがアジアではないんですなあ。

中華系はまだまだですが、他の地域については一応書き尽くしたっぽい気もしてます。
どっちかっつうとなつかしの洋楽邦楽のほうがまだまだ全然ネタあるなあ。コステロだってロキシーだって、プリンスだってキンクスだって、いっぱいあるもんなあ。
90年代初期の奴も、Daisy Chainsaw, Transvision Vamp, Echoberry, Strawberry Swithchblade(これは80年代か)とかね。
「あ〜そんな奴いたいた」みたいなのってけっこうありますよね。
Duran Duranとかね。彼らはまだ現役なんでしたっけ?




posted by インサック at 23:50| バンコク ☁| Comment(7) | TrackBack(256) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年09月20日

ポップソングにおけるベース

ということを、シンバルズを聴いて思ったわけですわ。
シンバルズのことはそのうち書こうと思いますが、タイトルについて思うことは、
「音は大きく」
「コード感を主張しつつ動けるだけ動く」
ということですな。
特にバンドスタイルのアレンジであれば、曲ってドラムとベースとヴォーカルで成立しちゃうんですよね。
「ピアノとヴォーカル」より、「気の利いたベースラインとヴォーカル」のほうが気持ちいいと思うよ。それはおれがベースをやってたからではなく。

そういう、曲構成において重要なパートであるということを認識しているベーシストってすごく少ないような気がする。
リーダーか単なるプレイヤーの二極分化というか。

詳しくはシンバルズのレビューにて。まだ聴くのがうれしくて聴きまくってる状態なので。



posted by インサック at 21:13| バンコク ☁| Comment(7) | TrackBack(12) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。